A6はなんでも雰囲気が出る万能プリセットです

こんにちは。じゅん(@how_to_vsco)です。

VSCOプリセットレビューの1発目は、何にでも使えて「万能すぎる」A6をご紹介します。

A6はSNS受けが抜群

「A」で始まるアナログシリーズ は、フィルムカメラで撮ったような質感が出て、SNS受けが非常に良いものです。

なかでもA6は、

  • 色味をあまり変えない
  • 適度にコントラストが上がる

という特徴があり、何より無料なので、人気です。

ちょびっと色褪せる

それでは、実際に写真を見ながら比較していきましょう。

(ビフォー)

(アフター)

なんともノスタルジックな雰囲気になりました。

A6の最も特徴的な点は、若干色褪せるというところです。

画面右手の芝生を見ていただけると、分かりやすいでしょうか。

フレッシュなグリーンではなくなりましたよね。

これは、よわーく薄茶色がかるからで、多分、ハイライトにクリーム色みたいなのが入っています。

あとは若干フェードがかってるかな?

コントラストはこうなるよ

次に、コントラストがどうなるかを観察してみましょう。

(ビフォー)

(アフター)

これはうちの可愛いハリネズミですが笑、針の色をご覧いただくと分かるかな?

白い部分と黒い部分の差がはっきりしています。

鼻もつやつやになりました。

コントラストが上がると、キラキラしてる部分に更にきらめきが出ます。

ですがA6の場合、上述の通り、ハイライト部分が「真っ白」ではなくなるので、不自然ではないきらめき具合になります。

細かい写真だとこうなるよ

コントラストが適度に上がると、ディティールが細かい写真もきれいになります。

(ビフォー)

(アフター)

このような写真は特に、明暗がはっきりしてほしい・茶色は出てほしい……ということで、A6が力を発揮するタイプですね。

あと、個人的には「クリーニング」の旗がいい感じになりました笑

普通にiPhoneカメラで街の写真を撮ると、東京の街並みはマジでダサいですが笑、アナログ系フィルターを通すと、日本語の物がやたら可愛く見えてくるという不思議な現象がおきます。

夜景には向かない

なお、タイトルには「万能」とありますが、夜景には向きません。

(ビフォー)

(アフター)

コントラストの項目で「自然なきらめきが出る」と書きましたが、夜景の場合は、ハイライトは普通に真っ白として出した方が綺麗ですしね。

暗い部分もぶっつぶれていますので、よっぽど何かの意図がなければ、使わない方がいいでしょう。

あとは、白い壁を白くするのは苦手なので、モダンな部屋など、ぱきっとした方がかっこいい写真には、あまり向いていません。

加工のしすぎに注意

インスタグラム標準のフィルターには、トイカメラやレトロなフィルムカメラのような感じに加工できるものがたくさんありますね。

「手軽におしゃれ」という状態になるからね、インスタ映えするし、便利なんですよ。

しかし、フィルムカメラ風は、ついついオーバーエフェクトになりがちなので、気をつけましょう。

加工のしすぎは、途端に素人っぽさが出ます。

というか、VSCOのいいところは、ノンフィルターのような自然な仕上がりになるところです。

かけすぎかな〜、レトロ狙いすぎかな〜なんてときは、プリセットのかかり具合自体を弱くした方がいいかなと思います。

プリセットの強さを変える方法は、こちらの記事に書いてあります↓

VSCOのプリセットのかかり具合を調整する方法

A6は「とりあえずの定番」として使いましょう

多少の弱点はあるものの、やはりA6は、万能であり、定番です。

あったかい雰囲気の室内写真や、食べ物写真でも、いい感じになります。

とりあえず的に、何か一個基本のフィルターが欲しいなあと思っている方には、おすすめです。

また、上級者向けの話をすると、色味が変わらない=色味を入れやすいので、ティント系をいじると面白いことになります。

いくらでも加工ができますので、ぜひ試してみてください。