iPhone用マクロレンズ iZZi Slimの実力レビュー

わたしはたまに、iPhone用のマクロレンズを使っています。
使用しているのは、iZZi SLIMという多機能レンズです。

この3つのレンズがついている部分は「ターレット式」といい、ぐるぐる回るようになっていて、使いたいレンズに合わせることができます。
あまりにかっこよく、オタク心がふつふつと湧く仕様です。

一見3つのようですが、実は4つのレンズが付いています。
秘密は、レンズが重なっていること。
一番小さいレンズは、通常はワイドレンズ、ひとつはずすとマクロレンズが出てきます。
隠しレンズみたいで、ますますかっこいいです。

詳しい仕様はこちら→amazonのizzi slimのページへ

距離1センチで使う

このレンズは、被写体との距離が1センチくらいのものにピントが合うようです。
それ以上でもそれ以下でもぼやけますので、用途としてはかなり狭いです。
1センチの距離で撮らなければならない被写体なんて、そうそうないですからね。

でも、この撮れ具合ですよ↓

iPhoneで撮ったなんて信じられますか?
わたしは、自分で撮ったくせに信じられませんでした。

ピントを合わせるために、VSCOカメラを使う

初心者のわたしには、ピントを合わせるが大変でした。
動かない被写体はゆっくりピント合わせ&構図を考えられるので簡単ですが、風で揺れるお花などは大変です。

いろいろ試した結果、固定されたフォーカスの状態で追いかけると上手にできました。
iPhone純正のカメラでもフォーカスロックはできますが、露出を変えるのが大変になるので、マクロレンズのときは、VSCOcamのカメラで撮影した方が良いと思います。
露出とフォーカスがバラバラにできるので、簡単というわけです。
詳しくは、「VSCOcamの強み、フォーカスと露出の使い方」という記事をお読みください。

また、露出を上げすぎた状態で撮ると難しいので、明るさは後でVSCOで加工すると割り切ることも大切です。
ピントを合わせるのがどうしてもうまくいかないときは、ある程度のところで諦めて、VSCOでシャープ処理と明瞭度を強めにかければ大丈夫です。
普通の風景写真とは違い、明瞭度強めでも不自然になりません。

iPhoneらしくない写真を撮ろう

絶対iPhoneでは撮れないはずの写真が撮れるのが、マクロレンズです。
これはいくら加工アプリをたくさん通しても、手に入れられないですからね。

最初は難しいですが、慣れれば&条件の揃った被写体を見つけられれば、一眼レフと見紛うような幻想的な写真が撮れます。
iPhone用レンズとしては値がはる方だと思いますが、このような実力ですし、一眼を買ったり持ち歩いたりすることに比べたら、なんて手頃なのかと思います。
レンズ4つついてますしね。
他のレンズもふくめてすばらしいので、とてもおすすめです。







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください