自然をイメージした新プリセットLシリーズ

最近、VSCO X が次々とプリセット追加されていって、動きに追いけていません笑

しばらくじっくり触って効能を確認……とかやってる間に、どんどん増えていきます。

7月に増えたLシリーズ

直近でいうと、2017年7月13日にLシリーズが追加されました。

しかも驚くべきことに、L1〜L12 まであります。

多すぎて使いこなせないよ……と弱音を吐きそうになりますが、ここは VSCO おたくとして、なんとしても解明しておきたいところ。

L=Landscape

VSCO はそれぞれのプリセットに小粋な名前が付いていますが、このLシリーズは “Landscape(風景)” というわけで、そこからさらに細分化されています。

  • L1, L2, L3 Moutain (山)
  • L4, L6 Valley (谷)
  • L5 forest (森)
  • L7 L8 Beach(砂浜)
  • L9 Coast(海岸)
  • L10, L11, L12 Desert(砂漠)

ますます使いこなせる気がしませんが……

いい感じの青空の写真があったので、比べてみましょう。

L1 山

Processed with VSCO with l1 preset

山というだけあって、空が澄んで見えるのと、木々はやや暗い部分が強調されています。

L4 谷(さわやか)

Processed with VSCO with l4 preset

L6 谷(濃い)

Processed with VSCO with l6 preset

上のL4も下のL6も谷なのですが、空の青がかなり濃くなってます。

L6は特に、ハイパービビッドなのに全然不自然じゃないです。

向こう側に見えているお家の壁の黄色も鮮やかになって、なんだかスペインあたりのカラフルな街に見えます(電線がじゃまですが)。

ここまで自然かつきれいに青空が出せるプリセットはいままで無いんですよね。

やるとしたらC7,C8あたりの嘘くさいビビッドな青にするか笑、Sシリーズで癖なくきれいにしたあと彩度を上げるか……みたいな感じで。

要はわたし、青空が苦手だったのですけど、谷シリーズはめっちゃ使えますね!

L9 海岸

Processed with VSCO with l9 preset

自然な青空はそのままに、明度がやや高いので、向こう側の家が光で飛んで、海沿いの家っぽさが出てますねえ。

いま、VSCO の Feed 画面で、他の方が撮ったL9の写真をだーっと眺めてるんですけど、胸キュンします。

なんというか、すごく、青春っぽい。

 

まとめ

今回のLシリーズは、本来は自然の風景の写真で使った方が雰囲気でるんだと思うんですけど、原宿の隅にあるカフェの看板でも、雰囲気出ました。

良い発見だったので、積極的に使っていこうと思います。

追記:ショップで購入できるのは8つです!

調べたところ、このランドスケープシリーズ、ショップでは全てを買うことができないことが判明しました。

ショップに置いてあるパックには、以下のものが入っていないです。

  • L3
  • L6
  • L9
  • L12

これらは、年額2,000円のプレミアム会員「VSCO X」のユーザーしか使えません。

↑で例に出したうち、後半2つのL6は入っていません。確認不足ですみませんでした。

L6とかは、全プリセットの中で抜群に青空が綺麗になるんで、本当におすすめなんですけどね……VSCOさんの商売が上手ということで。

VSCO X については、こちらの記事で書いています。

VSCO Xレビュー。全フィルター使い放題。限定フィルターもあるよ