KP3 – ポートレート向きな、VSCO X限定プリセット

毎月追加されていく、VSCO Xユーザー限定のプリセット。

2017年8月は、ポートレート向きな「KP3」というプリセットです。

数値いじらずの場合

まずは、プリセットそのまま、何の数値もいじらずの写真で、比べてみます。

ふだん風景写真しか撮らないので、人物のポートレートがこんなクソみたいなわたしの写真しかありませんでした。

(ビフォー)

(アフター)

けっこうコントラストが強めに出るのと、彩度も上がりますね。

日本人に合うよう数値をいじる

VSCOにあるサンプル画像(白人)だといい感じですが、思いっきり黄色人種なわたしには、ちょっと色が濃すぎます。

というわけで、少し数値をいじりました。

プリセット自体を60程度まで下げ、全体的は明るくしています。

数値はこんな感じ。

  • プリセット +60
  • 露出 +10
  • シャドウ +5
  • ビネット +10

シャドウ=シャドウを抑える機能なので、画像が明るくなります。詳しくは「VSCOのハイライトの使い方。これは、暗くする機能です!」という記事に書いてます)

露出&シャドウを上げたことによって、画面全体がのっぺりと明るくなったので、ほんのりビネットをかけてメリハリをつけて終了です。

この技は、KP3に限らず、肌のトーンが暗い時に使えるので、お試しください。

屋外だとまた違うかも

これは室内写真なのでこんな感じになりましたが、屋外で光がたっぷりあると、また違う仕上がりになりそうです。

VSCOの説明によると、ポートレートやウェディング写真用に「自然な肌色」を目指して作られたもよう。

めっちゃかっこつけて、草原でポージングして撮ってみたいですね(やらないけど)。




2 件のコメント

  • こんにちは。HB2が消える現象は、先週くらいから発生しているバグのようです(iTunesストアのレビューに、複数書き込みがありました)。
    アプリ側の問題なので、アップデートで直るのを待つしかなさそうです。

    ちなみにですが、HB2は「04」というプリセットで似たような感じにできます、色温度をマイナスにすると青みがかりますので、調整してみてください、

  • すみません(><)VSCO Xを購入したのですがhb2が見当たらなくてどうしたらいいですかね( ; _ ; )?