白黒写真の一部だけカラーに加工できるアプリ「Colorful」

最近、面白いアプリをゲットしたので、ご紹介します。

よく、白黒写真の一部だけ色が付いている、アーティスティックな写真あるじゃないですか。

あれが超簡単にできる「Colorful(カラフル)」というアプリです。

Colorful-白黒やモザイク、セピアで無料の画像編集できるカメラアプリ!
Colorful-白黒やモザイク、セピアで無料の画像編集できるカメラアプリ!
開発元:Fineseed
無料
posted with アプリーチ

 

こういうやつね。

ゴミ収集車のライトが可愛かったので、こんな風にしてみました。

一部カラーの白黒写真の作り方

では、実際にアプリの使い方を。

まず、開くとこんな感じの画面です。

「Album」をタップすると、自分のカメラロールが出てくるので、加工したい写真を選んでください。

開いた状態がこちら。

当然、ただの白黒写真です。

で、下にいろいろボタンが並んでいますが、絵筆のようなマークを選ぶと、色をつけることができます。

たった1回、車のライトのところをぴってなぞっただけでできました。

色をつけるというよりは、白黒になっていたのを消しゴムで消しているような感覚ですね。

指でなぞると、白黒が消えて色が戻ってくるみたいな。

で、終わったら、右上のやじるしをタップ。

「Save」を選ぶと、カメラロールに保存されます。

「Open Other apps」を選ぶと、インスタやLINEにも直接送れます。

わたしはここからさらに白黒の調整をしたいので、一旦カメラロールに保存して、VSCOで読み込み、編集します。

(一応、保存先の選択肢にVSCOもあるのですが、なぜかちゃんと読み込まれません)

VSCOで読み込むと、当然のことながら、どのプリセットをかけても白黒です。

当たり前だ笑

「白黒のニュアンスを、赤っぽくするか青っぽくするか」くらいの差なので、プリセットはそんなにシビアに選ばなくても大丈夫です。

あとは、数値をいじります。

今回は、アナログ感を出したかったので、A9を選びました。

ゴミ収集車のライトが素朴な感じになって欲しいなあと。

あとは、コントラストを調整して陰影を変えたり、ビネットで四隅を暗くして雰囲気を出したり。

そんなこんなで、出来上がり。

(ビフォー)

(アフター)

光があるピンボケ写真が可愛い

最後に、一部カラーの白黒が向いてる写真なんですけど。

ご覧の通り、あえてピンボケさせています。

これで、ライトの部分だけカラーにすると、光がじんわりにじんだようになって可愛い。

ピンボケにしたほうが、白黒部分も色あせた感じになって可愛いと思います。

ちなみに、ピンボケを撮るのは、iPhone純正カメラやVSCOカメラだと難しいです。

  • フォーカスを手動で合わせられるカメラで撮る
  • 普通に撮った写真を別のアプリでぼかす

このどちらかですね。

わたしは最初からピンボケ写真を撮ります。

「Manual」というカメラアプリを使っているのですが、この説明はまた今度ということで。

ではでは、試してみてください。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください