インスタで家がバレる「初歩的な凡ミス」を6つ教えよう

こんにちは。じゅん(@how_to_vsco)です。

写真で家がバレるというのは、本当に怖いことですよ。

究極の個人情報なので。

インスタで日常を記録するのは楽しくて良い趣味なんですけど、個人情報だけマジで気をつけてね、というお話。

位置情報削除より大事なことがある

よく、個人情報を守るために「カメラの位置情報をオフにしましょう」とか、言われていますよね。

でもわたしはね、写真の位置情報なんかより、写真の中に写り込んでいるものの方がやばいと思うのです。

インスタで家がバレる凡ミス6つ

それでは、インスタで自ら家の場所を公開してしまう「凡ミス」を6つほど教えるよ。

  1. マンション名
  2. マンホール・自治体の何かのマーク
  3. 公共の乗り物
  4. 学校
  5. お店の外観
  6. 書類

いっこずつ解説していきますね。

(1) マンション名

電信柱の住所表記やナンバープレートなんかは、モロに個人情報公開しちゃってるので、みなさん気をつけてはいると思うんですけど、ちょっと盲点なやつがあります。

マンションの外観で、マンション名が写り込んでるパターンですね。

実はわたしは不動産屋なので、物件名というのがどれほどの個人情報なのかというのを考えると、震えますね。

過去の写真であらかたの都道府県が分かっていれば、グーグルマップでマンション名検索→住所発見! みたいな。

さらにス●モとかで調べれば、空室がどこなのか、間取りはどうなのか、防犯はどうなのか……バレバレです。

(2)  マンホール・自治体の何か等

マンホールのマークは、自治体(市区町村)のシンボルということがよくあります。

また、道に備え付けてある設備(ゴミ集積所とかちっちゃい消化器とか)も、地域名が書いてあったり。

公園の時計に思いっきり「〇〇市」とか書いてあるというパターンもあります。

あとこれは意外と気づかないかもしれませんが、自動販売機には住所が書いてあります。

(3) 公共の乗り物

最寄りのバス停で撮りました! とかはアホの子ですが、駅名などが書いていない踏切でも、普通にバレます。

これも、あらかたの住所が分かっていれば、線路のカーブや住宅との距離感など色々見つつ、グーグルマップで探せます。

「夕暮れが綺麗だったので、川沿いの陸橋を撮りました」とかも、橋・川・風景・太陽光とかの位置関係で分かっちゃうんじゃないかな。

(4) 学校

近所の学校や制服を着た方の写りこみ、バレますー。

学校は、外観でもわかりますし、旗だの標語だの、ヒントの宝庫ですね。

「母校です」なんて言って小中を載せた日には、学区が限られているのですから、その他の写真の情報をつなぎ合わせて、自宅がバレバレです。

(5) お店の外観

たとえば「近所のスタバで〇〇フラペチーノ買った〜」っとかいってスタバの外観を撮るとしましょう。

土地勘のある人やスタバマニアみたいな人なら、外観見て「あーあそこの店ねー」って感じで普通にわかります。

さらに言えば、家の窓の外に、でっかい看板で「レストラン〇〇 〜〜店」みたいなのが入ってたりしたら、店名と窓の方角で、超簡単に家が特定されてしまいます。

(6) 書類

これも完全にアホの子ですが、自宅で撮った写真に、書類(お手紙や何かの資料など)が入ってたら「わたしの家はここです!」と世界にお知らせしている感じになります。

実はわたしは、危うくこれをやらかしそうになったことがあります。

有料動画を撮っていて、PCの横にクレジットカードの利用明細が置いてあったという笑

アップする前に気づいてよかった……

ストーリー・ライブ配信は気をつけてくれ

インスタの普通の投稿はね、まだ自分で厳選できるし、未然に防ぐことができます。

が、ストーリーとライブ配信はやばいですね。

特にライブ配信は自宅でやる方も多いと思いますが、窓の外の風景や書類系が入らないよう、本当に注意してほしいです。

鏡ごしに入っちゃうとかもありえるので、よくよく確認してから始めてください。

1日で消えるとはいえ、Repost系のアプリを使えば保存できますし、スクショも簡単です。

確実なのは、地元で撮らない

……というわけで、色々書いてきましたが、一番確実なのは「地元で撮らない」ということですね。

「こんな田舎の田園風景、分かんないだろ」と思って撮った写真でも、こんな感じでバンバンバレますので↓

【ここは】撮影場所を当てるスレ【どこ?】

こえええ!!

凡ミスこそが、一番のリスクである

「インスタ 家バレ」で検索すると、「位置情報を削除する方法!」みたいなことばっかり出てくるんですけど、そうじゃないだろと思って、今回この記事を書きました。

現在は、インスタにアップされる時点で、写真自体の位置情報は削除される仕様になっています。

場所指定も、ランドマーク的なところしか指定できないようになっていますし、ぽちっと間違えて住所公開しちゃうことはないですよ。

てな感じで、システム的には改善されています。

そして何より、一般人がわざわざ画像のプロパティを開いて位置情報を確かめるなんてことは、あんまりないでしょう。

でもね、写り込んでるものは、専門的な知識がなくても誰でも分かる可能性があります。

これはいくらシステムを改善してもどうしようもなく、自分が気をつけるしかないので、ちゃんと意識を持ってほしいなあと思います。

せっかく楽しい趣味なのに、うっかり凡ミスのせいで変なことに巻き込まれたら大変ですからね。

安全に気をつけて、楽しいインスタライフを送ってね!