インスタ映えするスイーツ写真の加工。L5でケーキを攻略せよ!

こんにちは。じゅん(@how_to_vsco)です。

きょうは、インスタに実用的な加工方法を。

ちょっとお高めのスイーツを、より高級感を出して、ハイパーインスタ映え写真に変えたいと思います。

使う写真はこちら。

友達の結婚式で出てきた、お上品すぎるショートケーキとお上品すぎるババロアのお上品なベリーソースがけです。

〇〇ちゃんおめでとう!!

VSCOに入る前に修正しまくらないとだめだ!

しかし、この写真、インスタに載せるにはあまりにダサいですね。

理由は、

  1. お皿が曲がってる
  2. 手前のスペースが広すぎ
  3. テーブルクロス&お皿の色がくすみすぎ
  4. 手前の四角い何かや奥のグラスが邪魔

これらを解消するために、VSCOで編集する前に、Snapseed(スナップシード)とTouch Retouch(タッチリタッチ)で修正します。

スナップシード

まずは、スナップシードで、(1)〜(3)をまるっと修正しました。

お皿の角度をまっすぐにするために、回転で自動補正。

手前が広すぎるのは、素直にトリミングで切る。

テーブルクロスとあずき色とお皿の白がくすみまくっていたので、

  • カーブ>ブライト
  • 画像補正>明るさ・コントラスト・彩度上げ
  • お皿だけ部分調整で明るさ上げ

て感じで修正してます。

スナップシードの使い方がよく分からんというかたは、有料動画のSnapseedマスター講座をご覧ください。

VSCOのみでやる方法も、一応記事の最後に書いておきますね。

タッチリタッチ

これは、余計なものを消すアプリですね。

単純に「クイックリペア」で塗っただけで、きれいになりました。

さあ、インスタ映え加工をしよう!

では、実際にスイーツがおいしくなる加工をしましょう。

使うのはL5というプリセットです。

数値はこんな感じ。

  • プリセット L5:+4.0
  • 明瞭度:+1.5
  • シャープ:+0.5
  • ビネット:+1.0

プリセット L5  +4.0

今回は、+4.0という「意味ある!?」ってくらいのゆるさでかけます。

高級スイーツ写真では、「加工しました感」を出さないほうがインスタ映えすると思うので、ごく自然に。

Lは「ランドスケープシリーズ」といって、風景写真に使うものです。

なんですが、いちごのショートケーキには、L5が超使えます。

赤も緑も発色がいいし、(ゆるめにかけるなら)白をあんまり壊さないので、バランスがいいのです。

(ちなみにL5については、VSCOで食べ物に合うプリセット4つを比較してみようという記事にも書いています)

明瞭度 1.5 シャープ+0.5

輝いているものをぴっかーんさせるには、明瞭度2:シャープ1くらいの割合で上げてください。

スイーツの場合は、あまり明瞭度を上げすぎると、気持ち悪い見た目になってしまいます(すごい気持ち悪いからちょっと試してみてね笑)。

なので、ソースやフルーツのツヤツヤ感を大事に、様子を見て上げましょう。

ビネット +1.0

これまたこんなちょっとかけて意味ある!? という感じですが。

今回は高級な重厚感を出したかったので、画面のメリハリとしてほんのりかけました。

「ビネット超ゆる」はわたしの必殺技ですので、ぜひ使ってください。

完成

以上で完成です。

(ビフォー)

(アフター)

本当に適当に撮った写真でしたが、ここまで綺麗になりました。

クリームまっしろ! いちごまっか! おいしそう!

スナップシードを使わない場合

スナップシードであらかじめ明るさ関係はきれいにしていたので、シャープ系とビネットをちょっと触るだけ……という、シンプルな感じになりました。

VSCOのみでやりたい場合は、プリセットL5を+5.0に上げたうえで

  • 露出:+1.5
  • コントラスト:+1.0

こんな感じで足せばそれなりになるかな? と思います。

が、やはり、スナップシードを使った方がより細かく綺麗にできます。

「部分調整」という機能があるので、お皿だけさらに白くしたりできますしね。

スナップシードのすごさについては、VSCOブロガーのわたしがSnapseedを使う3つの理由という記事に書いてありますので、あわせてご覧ください。