VSCOカメラで完璧に左右対称な写真を撮る方法

こんにちは。じゅん(@how_to_vsco)です。

きょうは、シンメトリー(左右対称)な写真を撮る方法についてです。

こういうやつ。

VSCOカメラは左右対称な写真が撮りやすい

iPhoneで写真を撮るときに便利なのが、グリッドを表示する機能ですよね。

これをガイドにして撮ると、まっすぐになりやすいという。

まあ、これでもいいんですけど、VSCOのカメラを使うと、さらに美しく・分かりやすく左右対称に撮りやすくなります。

VSCOの内蔵カメラは、iPhoneの純正カメラにはない「水平」を表示する設定があります。

これがハイパー使いやすいのです。

カメラの水平を表示して、左右対称の写真を撮ろう

実際の画面をスクショで撮ってみました。

これが、水平モードの画面です。

白いバーが左右の傾き、赤いバーが前後の傾きを表しています。

左右をまっすぐに撮るには

左右がまっすぐになると、白かった線が、金色になります。

やってみていただけるとわかるんですが、ゆらゆらゆら〜ぴた! って感じで、急にぴったりするんで、ちょっと爽快感があります笑

前後の傾きをまっすぐするには

次に、前後の傾きですが、どういうことかというと

こんな感じ笑

スマホ自体が下を向いてたり上を向いてたりすると、シンメトリーを撮るのにはよろしくありません。

前後の傾きは赤いバーで見ます。

この状態↓では、赤いバーが上に来ているので、カメラが下を向いてしまっています。

なので、白いバーと赤いバーが重なるように、スマホを起こしてあげると……

ぴた!

っと、まっすぐな1本の金色の線になり、真ん中の丸が塗りつぶされます。

真ん中の丸と対象物を比べながら移動する

これでカメラの傾きは完璧です。

ただ、この図を見るとわかるように、真ん中の丸が、被写体のセンターからずれていますよね?

なので、カメラを動かさないよう、自分が動いて、丸と被写体の真ん中が同じになるようにしてください。

これは(当然ですが)バーが出るわけではないので、見た目で、丸に注目しながらうろうろするしかありません。

高さについても、カメラの角度はそのままに、自分が立ったりしゃがんだりしてください。

シンメトリーの実例

そんなこんなで撮ったのが、こちら。

慣れれば綺麗に撮れるようになりますので、ぜひ練習してみてください。

あ、カメラの撮り方や構図については、以下の記事も参考になると思いますので、よろしければどうぞ!