AU5は、魔法かよって感じの、全く仕組みがわからないプリセットです

こんにちは。じゅん(@how_to_vsco)です。

毎月増えていくVSCO X限定プリセット、Film X。

2017年12月は「AU5」でした。

タイトルに「魔法かよって感じの、全く仕組みが分からないプリセット」と書きましたが、マジでそうなの。

どこの色がどうなってそうなるのか、全く不明なの笑

とりあえず見ていただきましょうか。

(ビフォー)

(アフター)

ぎゃああああ目があああああ!!

Film Xにしては珍しい、ハイパー発色です。

特に黄色がやばくて、初めてかけてみたとき、リアルにまばたきが止まらなくなりました。

あまりにも目がチカチカするので、ためしに色温度を下げてみたら、いい感じにおいしそうになったよ。

暖色系の発色が良い=人物には向かない?

VSCOの説明によると

AU5はすべての色調を高めますが、特に暖色を鮮やかに再現してくれるため、人物撮影より風景写真に適しています。

だそうで、たしかにね。

人間にかけると、肌の発色がよくなりすぎて、ゆるキャラみたいにな配色になりそうです。

ゆるキャラになったじゅんちゃん

寒色部分に魔法感が……

でね、暖色がない写真だとどうなるのかなと思って実験したところ、こうなりました。

(ビフォー)

(アフター)

なにこれ、魔法かよ!

と言いたかったのはここで、暖色がない写真だと、全然違うプリセットみたい。

灰色がっていた空と水面の色が、赤が混じった青?? みたいな、変な色になっています。

ティントが上がってるのかな〜?

何にどう色が入ってこうなったのか、わたしには解明できませんでした。

夜景にも良さそうだね

発色の良さを利用すると、夜景にもけっこう良さそうです。

(ビフォー)

(アフター)

これからの季節、クリスマスツリーなんか可愛いんじゃないかな。

コントラストがやや高いためか、若干光が強くなっている気もするので、すごく使えると思います。

インパクトのある写真になるよ

とまあ、不思議なプリセットなので、個性的な写真ができると思います。

もう書ききれないのでここらでやめておきますが、特性を上げ下げしてもけっこう面白いので、やってみてください。

(特性の使い方は、有料動画「VSCO X限定プリセットの使い方」で販売しています)

今月で、VSCO Xが登場して丸1年です。

これからもどんどん進化していくのかな〜楽しみですね。