テイスト別!初詣写真の加工にオススメなプリセット7選

こんにちは。じゅん(@how_to_vsco)です。

年末のうちに、初詣写真に良さそうなプリセットをご紹介しておこうかな〜と思います。

「朱色が綺麗に出るか」を基準に7つ選びました。

使う写真はこちら。いつかの浅草寺です。

発色が良い系

まずは、ひたすら発色がいいやつです。

U5

VSCOプリセットの中で一番朱色が発色するのは、U5のようです。

爽快ですね!

空もめっちゃ発色するので、気になる方は、プリセット自体を下げるか、彩度を少しマイナスしてみてください。

C6

続いては、C6。

C1をよく使ってらっしゃる方はわかると思いますが、Cシリーズは基本的に発色良いですよね。

C6は、朱色も綺麗になるし、白い部分(屋根や雲)も若干赤みがかっていて、雰囲気があります。

AU5

こちらは、VSCO X限定プリセットから。

↑はただプリセットをかけた状態で、ちょっと赤鉛筆感がありますが笑、ちびっと調整してあげれば、一番リアルに近くなりそうです。

  • 強度をやや下げる
  • 特性と色温度をちびっと右に振る

って感じですね。

ゆるふわ系

続きまして、ゆるふわ系。

V5

ふんわりといえばVシリーズですが、V5は色味が変わらず、赤いままでいてくれます。

パンチが足りないなあという場合は、少し彩度を上げてみてください。

露出上げても可愛いかも!

F1

フェード系なら、F1がおすすめです。

ぼんやりするだけでなく、全体的にピンクがかります。

Fはぼんやりする割に、意外と陰影部分が暗くなりますので、黒くつぶれてしまった場合は、シャドウを上げてください。

変わり種

ここからは、少し変わり種。

朱色の発色ではなく、寒い冬の初詣っぽさはを重視して選びました。

04

グレーっぽいフェードになる、04番。

強めの陰影でをフェードで潰しているので、個性が出ますね。

朱色の発色も思ったより悪くないぞ!

初詣はとにかく人が多いですが、適度に人の顔がつぶれてプライバシー保護もできます笑

M6

さらに色あせたM6。

「久々に実家に帰ってきました。今年も無病息災で……」みたいな、ちょっとノスタルジーを表現。

まんまだと強すぎて不自然な感じがするので、プリセット自体をちょっと下げたほうがいいかもね。

初詣写真加工のプリセットまとめ

以上が、初詣写真の加工におすすめなプリセットでした。

おさらいがてら特徴を書いていきますね。

  1. U5:一番強い発色。空もすごく青くなるよ。
  2. C6:きれいに発色するし、白い部分がピンクがかって可愛い。
  3. AU5:少し調整すれば、一番リアルに近い。
  4. V5:ほとんど色を変えずにふんわりできる。
  5. F1:フェードがかかってぼんやりする。
  6. 04:グレーっぽくなる。人の顔が、陰影で見えづらくなる。
  7. M6:ノスタルジックな雰囲気になる。

あと次点として、KE1も。

コメント部分見ていただければわかる通り、ごりっごりに数値調整していますが笑、ちゃんとやると重厚な雰囲気になります。

あーお正月がたのしみだなー! 八つ頭の煮物が食べたい!