室内写真&夜がキレイな「AL」シリーズ

こんにちは。じゅん(@how_to_vsco)です。

きょうはALというシリーズをご紹介します。

コンセプト及びプリセットの並びが面白いので、ただいまハマり中です。

AL=人工光

ALは室内写真と夜の写真というテーマで作られているようです。

AL1〜AL6まであって、光の種類によって

  • 1・2→LED
  • 3・4→蛍光灯
  • 5・6→ミックス

という3つに分類されています。

そもそもALという名前が(アーティフィシャル・ライト=人工の光)の略なので、まあ要するに、電気がついているところで使いやすいよという。

たとえば、この写真↓

(AL5)

(AL6)

おおー、全然違う! どっちも良い!

ソフト/ブーストの並びが面白い

上述のとおり、電気の種類によって3つに分かれているわけですが、さらに面白いのは、「ソフト」と「ブースト」の違い。

ソフトはまあまろやか〜にかかるみたいなイメージで、ブーストは(ゲームなんかと同じで)強化されたりステータス上昇みたいな笑

より色の変化が強いというイメージでいればいいですね。

AL6はMixed Boostです。

奇数がソフト、偶数がブーストという並びになっているので、左から順に

LEDソフト、LEDブースト、蛍光灯ソフト、蛍光灯ブースト……

みたいな感じで並んでて、これがわたし的には面白いというわけです。

(元の写真)

(AL3=蛍光灯ソフト)

(AL4=蛍光灯ブースト)

実例を見てみよう

ほかにも、ALを使うと、こんな感じ。

あと、インスタのフォロワー様ですばらしくAL1を使いこなしている方がいらっしゃったので、許可を頂きまして、こちらもご紹介。

@yas.u925 さんの作品です↓

高級ホテルのトイレらしいです。

室内・夜景・便器を輝かせる優秀なAL1。

超使える子だなと思いました笑

ちなみにこの便器については、Facetuneという別のアプリでホワイトニングもしているそうです。

Facetuneで便器まで輝くとは知らんかった笑

FacetuneについてはFacetuneで、写真の一部だけを綺麗な白に加工しようという記事に書いておりますので、読んでみてね。

ではでは!