VSCOブロガーのくせに、暗い部分の加工にはSnapseedをおすすめする

こんにちは。じゅん(@how_to_vsco)です。

VSCOは高機能なので、画像加工ならなんでもできそうに見えますが……実は、圧倒的に不得意な分野があります。

それは、暗い部分の補正です。

特に「シャドウ部分だけもっと暗くしたい」というのが、ダメというか、できない。

Snapseedを使え!

Snapseed

Snapseed
開発元:Google, Inc.
無料
posted withアプリーチ

スナップシードはシャドウをマイナスにできる

VSCOでは不可能な「暗い部分だけ暗くする」という補正について、スナップシードでは、いとも簡単にできます。

「シャドウ」をマイナスに振ればいいのです。

VSCOのシャドウはプラス方向(シャドウを明るくする)しかありません。

(VSCOの「トーン」ツール↓)

他方スナップシードはといいますと、シャドウにマイナス方向があります。

なので、暗い部分だけを更に暗くすることができるんですね。

露出やコントラストと違い、他の部分の明るさや色合いに影響を出さずに変えられるので、超簡単です。

カーブを併用する

また、スナップシードには「カーブ」という機能があります。

カーブは、明るさのプリセットと考えればわかりやすいかな?

「ソフトコントラスト」「ハイコントラスト」など、あらかじめいい感じに調整されているプリセットをぽっちとするだけで、ほぼ解決。

VSCOでごちゃごちゃ「露出あげてハイライト上げてシャドウ下げて〜」とかやらなくても良いという。

部分調整・ブラシも便利

ほかにも、部分調整、ブラシなんかも使えます。

部分調整は、2本指のにょきっで、変えたい範囲を指定し、明るさやコントラストなどを変えることができます。

ブラシは、ぬりぬりしたところだけ暗くできます。

ピンポイントでここだけ! というときには、この辺のツールを使うと便利です。

スナップシードでの編集の手順

「シャドウ部分のみ暗くする」ときに、わたしがおすすめの手順は

  1. 「カーブ」で全体を整える
  2. 「シャドウ」で、影部分のみ明るさを下げる
  3. 「部分補正」や「ブラシ」でピンポイントで補正

この作業を行った上で、VSCOで加工していけば、超美しくなります。

比べてみます?

こちら、元の画像↓

(VSCOでただU6をかけただけ)

(スナップシードで補正後、VSCOでU6をかけた)

奥行きが死なないので、迫力が違うね!

まとめ:VSCOにこだわることなかれ!

わたしはVSCOブロガーですが「何でもかんでもVSCOで解決するわけじゃない」と思っています。

得手不得手ありますので、アプリを上手に使い分けたり、併用したりして、きれいな写真に加工してみてください。

スナップシードの使い方については、有料動画で販売しておりますので、詳しく知りたい方は見てみてね。