写真加工アプリ「VSCO」と「Snapseed」の違い・使い分け

こんにちは。じゅん(@how_to_vsco)です。

写真加工のアプリは色々ありますが、わたしがおすすめしているのは

  • VSCO
  • Snapseed

の2つです。

どちらも加工アプリではありますが、趣旨が違います。

というわけできょうは、2つの違いや、使い分けについてご説明します。

とりあえず違いを見たまえ

まずは、写真で違いを見ましょう。

使う写真はこちら。

フィルムカメラのような感じで加工したい人は、VSCOを使いましょう。

一眼レフで撮った風にしたい人は、スナップシードで。

そう、使い分け方は、どんなカメラで撮った感じにしたいかで決めるのね。

VSCOを使うと良い人

VSCOは、簡単に言ってしまえば、色を変えるというのが主たる機能のアプリです。

このブログで死ぬほど説明している通り、色とりどりのプリセットがあります。

色合い・濃淡・フェード加減などが調整されたフィルターを選んで、その後微調整をかけていくわけですね。

なので、肉眼で見たままの風景を再現するというよりは、フィルムを通して見た世界を表現するということをやりたい人は、VSCOを使うのがいいと思います。

Snapseedを使うと良い人

他方スナップシードはというと、画質を調整するというのが趣旨なんですね。

発色・明るさ・濃淡などを調整することによって、本来の風景の色を取り戻すという感じかな。

自分で見たままの風景に近づけたいという人は、スナップシードを使った方がいいですね。

スナップシード→VSCOの順で併用するとすごい

わたしは写真そのものの雰囲気を変えて加工するのが好きなので、VSCOを主に使っています。

が、本当は、どっちも使うのが良い!

スナップシードで調整した後にVSCOを使うと、VSCO単体で使うのとぜーんぜん違うのね。

こんな感じ↓

(VSCOで加工しただけ)

(スナップシードで調整後、全く同じ加工をしてみた)

やばい綺麗!

  1. スナップシードで下地を作る
  2. VSCOで色を変える

と、得意分野をそれぞれのアプリに割り振ったわけです。

餅は餅屋に的な感じね笑

VSCOから始めると、せっかく変えた色が台無しになるので、上記の順番が良いです。

まとめ

以上が、VSCOとスナップシードの違い・使い分けです。

わたしはこれがごっちゃになっていて、長いこと苦しんだのでした笑

スナップシードの使い方については、有料動画にまとめています。

「VSCOの下地としての使い方」という観点で作っていますので、ご興味がある方はどうぞ。